ふるさと切手
▼当サイトで人気の切手買取店はこちら!
勲章のフリーアイコンバイセル【とにかく高く売れる!】
価格満足度NO.1!すぐに切手を売りたい人にもおすすめ!
切手
さらに詳しくおすすめの切手買取店を知りたい方は、「切手買取専門店おすすめランキング!口コミ評判を比較し、どこが良いのかを徹底解説!」を参考にしてください。

ふるさと切手とは?

ふるさと切手は、日本の47都道府県各地を象徴する風景や県の花などが描かれた特殊切手の1種です。

 

1989年に初めて発行されて以降あまり広まっていませんでしたが、ここ10年ほどで全国で買えるようになり、コレクターの間でも人気を博しています。またふるさと切手はシリーズで揃えることで価値が上がる切手でもあります。

ふるさと切手の買取相場

ふるさと切手には様々な種類があり、毎年販売が続けられています。中でもシリーズ物の通しでの需要は高く、買取価格も状態がよければ額面以上の値段が期待できます。

 

特に買取価格が高いのは都道府県の花、地方自治法60周年記念シリーズです。こちらは20面シートで1,000~2,000円の買取価格がつきます。他にも額面以上の買取価格になるものも存在し、特にふるさとの心の風景シリーズや四国シリーズは人気があります。

 

逆に額面以下の価格となりやすいのは国体競技シリーズです。連刷であれば多少価格が上がることもありますので、まずは査定に出してみることをおすすめします。

ふるさと切手の買取相場一覧

地方自治法施行60周年記念シリーズ

項目 内容
発行年度 2008〜2016年
額面の種類 80円
買取価格の目安 5面シートで400円前後
その他備考 各都道府県にちなんだ建物、自然、文化を図案としたシリーズで、47都道府県全てにそれぞれの切手があります。

 

それぞれの種類単体での買取価格はそれほど高くありませんが、複数まとめての場合価値が上がります。観光名所として人気の高い場所の図案も多く、人気の高いシリーズです。

 

地方自治法施行60周年記念シリーズ切手についてさらに詳しく知りたい方は、「地方自治法施行60周年記念シリーズ切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!」を参考にしてください。

地方自治法施行60周年記念シリーズ切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
2020-01-17 22:23
地方自治法施行60周年記念シリーズ切手とは? 地方自治法施工60周年記念シリーズ切手とは、昭和22年に施行された地方自治法の施行60周年を記念して発行されたふるさと切手です。 地...

エゾモモンガ

項目 内容
発行年度 2002年
額面の種類 80円
買取価格の目安 20面シートで1,600円前後
その他備考 北海道に生息するエゾモモンガが、かわいらしいタッチで描かれた図案です。エゾモモンガは愛らしい見た目で観光客からの人気も高い動物ですが、ペットとして飼うことはできません。

 

切手では昼間の風景を背景として描かれていますが、実際には主に夜行性の動物です。

 

エゾモモンガ切手についてさらに詳しく知りたい方は、「エゾモモンガ切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!」を参考にしてください。

エゾモモンガ切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
2020-01-17 22:21
エゾモモンガ切手とは? エゾモモンガ切手とは2002年に発行されたふるさと切手であり、北海道を代表するふるさと切手として有名です。絵柄にはその名の通り、北海道を代表する動物の一種で...

キタキツネ

項目 内容
発行年度 1999年
額面の種類 80円
買取価格の目安 20面シートで1,600円前後
その他備考 北海道に生息するキタキツネ2匹と、エゾコザクラの図案が春らしい雰囲気をまとっている切手です。

 

キタキツネは日本でも北海道の一部にだけ生息している種類で、本州のものより体が大きめなのが特徴です。同じくエゾコザクラも北海道固有の植物で、現在は準絶滅危惧種とされる可憐な花です。

 

キタキツネ切手についてさらに詳しく知りたい方は、「キタキツネ切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!」を参考にしてください。

キタキツネ切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
2020-01-17 22:19
キタキツネ切手とは? キタキツネ切手は、1999年に発行されたふるさと切手です。人間との関わりの中で失われつつある北海道の美しい自然の姿を、見事にイラストにとどめた切手として話題で...

さくらんぼ

項目 内容
発行年度 1999年
額面の種類 80円
買取価格の目安 20面シートで1,600円前後
その他備考 さくらんぼ切手は名産地である山形県のふるさと切手です。美しくみずみずしい図案は日本画家の福王寺法林氏によるもので、初夏のさくらんぼを見事に描いています。

 

山形県はさくらんぼの国内生産量の約70%を担っていることを考えると、図案として選ばれたのにも納得でしょう。

 

さくらんぼ切手についてさらに詳しく知りたい方は、「さくらんぼ切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!」を参考にしてください。

さくらんぼ切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
2020-01-17 22:17
さくらんぼ切手とは? さくらんぼ切手は、1999年に発行された山形県のふるさと切手であり、山形県の名産品であるさくらんぼをデザインに採用しています。採用されたさくらんぼの美しいイラ...

りんご

項目 内容
発行年度 1989年、1998年
額面の種類 62円、80円
買取価格の目安 額面62円:20面シートで1,400円前後

額面80円:20面シートで1,600円前後

その他備考 りんご切手は、名産地である青森県のふるさと切手です。淡い色の背景に、りんごの花と葉、そして赤いふじと黄色い王林の2種類のりんごが描かれた図案です。

 

昭和50年には同じくりんごを用いた異なる図柄で発行されており、青森県の人々のりんごへの思いがうかがえます。

 

りんご切手についてさらに詳しく知りたい方は、「りんご切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!」を参考にしてください。

りんご切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
2019-08-28 12:02
りんご切手とは? りんご切手とは、青森県で生産が盛んなりんごをモチーフにした切手です。切手のデザインには、日本画家の工藤甲人氏作の「ふじ」「王林」の2品種のりんごと、りんごの花が描...

河津桜

項目 内容
発行年度 2006年
額面の種類 50円
買取価格の目安 20面シートで1,000円前後
その他備考 河津桜切手は静岡県のふるさと切手ですが、これは河津桜が静岡の桜の名前だからという由来があります。

 

本州で最も早く開花する河津桜と、その枝に止まるメジロが切り絵で表現された美しい図案の切手です。2種連刷という2枚の切手に跨った形の図案は人気が高く、復刻版も発行されています。

 

河津桜切手についてさらに詳しく知りたい方は、「河津桜切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!」を参考にしてください。

河津桜切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
2020-01-17 21:29
河津桜切手とは? 河津桜切手は平成元年(1989年)から発行されている「ふるさと切手シリーズ」の一つとして、平成18年(2006年)2月1日(水)に発行されました。額面は50円で9...

筑波山と水郷潮来のアヤメ

項目 内容
発行年度 2003年
額面の種類 80円
買取価格の目安 20面シートで1,600円前後
その他備考 茨城県のふるさと切手は、霊峰とされる筑波山を背景に水郷潮来のアヤメ、潮来花嫁を描いた図案です。

 

全体に落ち着いた色味かつ縁起も良い絵柄で、デザインはこの1種のみとなっています。淡く丁寧に描かれた図案が、他の華やかなものとはまた一味違った趣をみせる切手です。

 

筑波山と水郷潮来のアヤメ切手についてさらに詳しく知りたい方は、「筑波山と水郷潮来のアヤメ切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!」を参考にしてください。

筑波山と水郷潮来のアヤメ切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
2020-01-17 21:34
筑波山と水郷潮来のアヤメ切手とは? 筑波山と水郷潮来のアヤメ切手は「ふるさと切手シリーズ」の一つで、茨城県の筑波山や水郷潮来などが描かれています。平成15(2003)年5月20日(...

春のグリーティング

項目 内容
発行年度 2010年
額面の種類 50円、62円、82円など
買取価格の目安 10面シートで500~1,300円前後
その他備考 春のグリーティング切手は、糊を用いた一般的な切手と違いシール状に貼り付ける特徴があります。1シートに8種類の図柄が1枚ずつ配置されており、シート全体として楽しめる切手です。

 

春のグリーテイング切手は毎年デザインが更新されていき買取市場の出回りが少なくなるので、ストックしておくと将来の価値上昇が期待できるかもしれません。

 

春のグリーティング切手についてさらに詳しく知りたい方は、「春のグリーティング切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!」を参考にしてください。

春のグリーティング切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
2019-08-28 12:02
春のグリーティング切手とは? 春のグリーティング切手とは、2010年より季節の挨拶や春の新生活のお祝いに利用する目的で発行される期間限定の切手で、ふるさと切手の一種です。 春のグ...

沖縄の海

項目 内容
発行年度 2007年、2015年
額面の種類 80円、82円
買取価格の目安 10面シートで800〜1,000円前後
その他備考 沖縄の海に生息する様々な動物をモチーフとした図案で、5枚を1セットとしたそれぞれに異なる図案が使われています。1シートの中には計10枚の切手が含まれおり、全体としても楽しめるシートになっています。

 

ジンベエザメやカクレクマノミなどかわいらしい動物は人気が高く、額面以上の買取価格も見込めます。

 

沖縄の海切手についてさらに詳しく知りたい方は、「沖縄の海切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!」を参考にしてください。

沖縄の海切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
2019-08-28 12:02
沖縄の海切手とは? 沖縄の海切手は、沖縄県の海に暮らす生き物をモチーフにしたふるさと切手です。 発行年は、2007年6月1日で、80円切手として120万枚が発行されました。この当...

エゾクロテン

項目 内容
発行年度 2001年
額面の種類 80円
買取価格の目安 20面シートで1,600円前後
その他備考 北海道のふるさと切手の一つ、エゾクロテンの図案には、雪の中から顔を覗かせるエゾクロテンの写真が採用されています。

 

真っ白な雪とかわいらしいエゾクロテンのコントラストが美しく、動物好きなら揃えたい一枚です。なお本物のエゾクロテンは現在絶滅が危惧されており、貴重な生物となっています。

 

エゾクロテン切手についてさらに詳しく知りたい方は、「エゾクロテン切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!」を参考にしてください。

エゾクロテン切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
2020-01-17 21:32
エゾクロテン切手とは? エゾクロテン切手は平成元年(1989年)から発行されている「ふるさと切手シリーズ」の中の1枚で、平成13年(2001年)年2月6日(火)に額面80円の郵便切...

おわら風の盆

項目 内容
発行年度 1997年
額面の種類 80円
買取価格の目安 20面シートで1,600円前後
その他備考 おわら風の盆とは、富山県内で江戸時代から続いているお祭りです。切手は2種連刷となっており、特徴的な格子戸や石畳が並ぶ街並みと盆踊りを踊る男女が描かれています。

 

おわら風の盆は3日間で25万人以上の観光客が訪れるほどの人気のお祭りですが、それも納得するような美しい図案です。

 

おわら風の盆切手についてさらに詳しく知りたい方は、「おわら風の盆切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!」を参考にしてください。

おわら風の盆切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
2020-01-28 19:16
おわら風の盆切手とは? おわら風の盆切手は平成9年(1997)8月20日(水)に発行された80円郵便切手で、ふるさと切手として富山県を中心とする地域の郵便局で発売されました。発行枚...

サンタクロース

項目 内容
発行年度 1999年
額面の種類 80円
買取価格の目安 20面シートで1,600円前後
その他備考 サンタクロースはフィンランドではないか、と思われるかもしれせんが、実は発行元の北海道広尾郡広尾町がサンタランドの認定を受けているのです。

 

幼い子供2人が、クリスマスツリーを乗せたトナカイソリに乗って空を飛ぶかわいらしいイラストの図案になっています。絵本のような穏やかな絵柄から、世代や性別を問わず愛されるシートです。

 

サンタクロース切手についてさらに詳しく知りたい方は、「サンタクロース切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!」を参考にしてください。

サンタクロース切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
2020-02-18 23:15
サンタクロース切手とは? サンタクロース切手は平成11年(1999年)11月11日に発行された80円郵便切手で、北海道内の各郵便局と全国の一部の郵便局で販売されました。 版式刷色...

花嫁

項目 内容
発行年度 1997年
額面の種類 50円
買取価格の目安 20面シートで1,000円前後
その他備考 角かくしに綺麗な着物を着た花嫁の図案は、新潟県出身の画家かつ詩人、蕗谷虹児の原画から作られました。

 

もとは大正13年に発表された詩画で、美しい色彩と花嫁の幸せかつ初々しい雰囲気が素敵な作品です。様々なふるさと切手の中でも芸術的な特徴が強いため、コレクターにも人気の高い1枚です。

 

花嫁切手についてさらに詳しく知りたい方は、「花嫁切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!」を参考にしてください。

花嫁切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
2020-01-17 22:31
花嫁切手とは? 花嫁切手は、1997年に新潟県のふるさと切手として発売された切手です。切手の額面は50円で、5,400万枚が発行されました。切手の図柄には、大正ロマンを代表する画家...

恐竜

項目 内容
発行年度 1999年
額面の種類 80円
買取価格の目安 20面シートで1,600円前後
その他備考 多くの恐竜の化石が発掘されていることで有名な福井県ですが、この切手は県の強い要望で復刻もされました。

 

このふるさと切手は、1999年の恐竜エキスポふくいを記念して発行されました。川の左右に分かれたイグアノドンとドロマエオサウルスの図案は、鮮やかで生き生きとした印象を与えます。

 

恐竜切手についてさらに詳しく知りたい方は、「恐竜切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!」を参考にしてください。

恐竜切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
2020-01-17 22:33
恐竜切手とは? 恐竜切手とは、恐竜のイラストがあしらわれた福井県のふるさと切手です。福井県は、日本の恐竜の化石のうち、なんと8割を産出する恐竜王国です。 恐竜切手は、1999年に...

源 頼朝

項目 内容
発行年度 1999年
額面の種類 80円
買取価格の目安 20面シートで1,600円前後
その他備考 神奈川県のふるさと切手のひとつ、馬で走る源頼朝の図案は、没後800年を記念して発行されました。

 

背景には遠景の富士山も見え、彼が幕府を開いたという鎌倉の海辺を思わせます。この図案は画家の平山郁夫氏によって描かれ、芸術的な価値も高いものとなっています。

 

源頼朝切手についてさらに詳しく知りたい方は、「源頼朝切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!」を参考にしてください。

源頼朝切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
2020-02-18 23:12
源頼朝切手とは? 源頼朝切手は平成11年(1999年)9月2日に発行された80円郵便切手で、ふるさとを題材とした「ふるさと切手」として、20枚シートとペーン(10枚シート)が発行さ...

神戸ルミナリエ

項目 内容
発行年度 1998年
額面の種類 80円
買取価格の目安 20面シートで1,600円前後
その他備考 兵庫県のふるさと切手である神戸ルミナリエ切手は、阪神淡路大震災の追悼と神戸の街の復興を祈って作られました。イタリア人アートディレクターと日本のプロデューサーによる合作の図案は、非常に美しく幻想的です。な

 

お、2005年にも同じテーマで異なる図案の切手が発売されていますので、間違えないようにご注意ください。

 

神戸ルミナリエ切手についてさらに詳しく知りたい方は、「神戸ルミナリエ切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!」を参考にしてください。

神戸ルミナリエ切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
2020-02-18 23:13
神戸ルミナリエ切手とは? 神戸ルミナリエ切手は、平成10年発行の「神戸ルミナリエ切手」と平成17年発行の「神戸ルミナリエII切手」の2種類があり、どちらもふるさと切手です。 神戸...

瀬戸大橋

項目 内容
発行年度 1998年
額面の種類 80円
買取価格の目安 20面シートで1,600円前後
その他備考 瀬戸大橋の図案は香川県のふるさと切手で、開通10周年の記念に発行されました。香川県側から望む瀬戸大橋の原画は安部田保彦氏によるもので、壮大な橋が見事に描かれています。

 

瀬戸大橋を描いた切手は他にも複数ありますので、お手元の切手はどの切手なのか、ぜひ確認してみてください。

 

瀬戸大橋の盆切手についてさらに詳しく知りたい方は、「瀬戸大橋切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!」を参考にしてください。

瀬戸大橋切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
2020-02-18 23:14
瀬戸大橋切手とは? 瀬戸大橋切手は瀬戸大橋の開通10周年を記念して発行されたふるさと切手で、平成10年(1998年)11月9日に80円郵便切手として発行されました。発行枚数は非公表...

茶摘み

項目 内容
発行年度 1997年
額面の種類 50円
買取価格の目安 20面シートで1,000円前後
その他備考 茶摘みといえば静岡県、富士を遠くに望みながら一面の茶畑で茶摘みをする女性たちの姿が描かれた図案です。

 

前田守一氏による版画が原画となっており、あたたかい色合いと版画らしい線が特徴的です。市場へので周りはそれほど多くなく、別の5円切手との混同にも注意が必要な切手です。

北海道の花

項目 内容
発行年度 2005年発行、2015年再発行
額面の種類 82円
買取価格の目安 20面シートで1,600円前後
その他備考 北海道に咲くハマナス、ラベンダー、エゾノリュウキンカ、スズランの花が描かれた図案が各5枚、計4セットで1枚となっています。

 

北海道を起点として活動されている2名のイラストレーターによる原画でしたが、残念ながらそのうち1名は亡くなっています。全体的に美しい図案は人気が高く、10年後に再発行されたことからも需要の高さがうかがえる切手です。

ふるさと切手の買取実績

ふるさと切手の過去の買取実績の一例は、下記のとおりです。

 

切手 価格
関東花だより切手 50円(10面シート) 400円
茶摘み切手 50円 バラ 35円

 

また、ふるさと切手以外の特殊切手の買取相場についてさらに詳しく知りたい方は「特殊切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!」の記事を参考にしてください。

特殊切手
特殊切手の買取価格の相場一覧と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
2019-02-12 18:00
特殊切手とは? 特殊切手とは、日本が誇る自然や文化財などを題材として発行され、シリーズとして発行される切手です。 切手は大きく2つに分けると「普通切手」と「特殊切手」に分類されま...

ふるさと切手の買取におすすめの専門店

バイセル

バイセル切手買取

ふるさと切手におすすめの買取専門店はバイセルです。

 

切手の買取はリサイクルショップや質屋などでも行っていますが、上にも記載した通り「神戸ルミナリエ」や「瀬戸大橋」が描かれている切手の中にはふるさと切手でないものも存在しており、切手の知識に長けた査定士が在籍していないこれらの買取店では、切手の価値を見誤り、不当に低い額を提示されてしまう可能性があります。

 

一方バイセルでは、幾つもの研修を受けてきた切手のプロの査定士が多く在籍しているので、切手の価値を正しく評価することができます。実際にバイセルでは、ふるさと切手を含むコレクションをまとめて165,000円という高値で買取を行なった実績もあります。

 

査定は完全無料で実施しているので、気軽にバイセルの無料査定をを利用してみましょう。

 

バイセルの評判や口コミについてさらに詳しく知りたい方は、「【バイセルの切手買取】口コミ評判・買取相場を実際の体験談をもとに徹底解説!」を参考にしていただければと思います。

 

また、バイセル以外におすすめの切手買取専門店について知りたい方は、「切手買取専門店おすすめランキング!口コミ評判を比較し、どこが良いのかを徹底解説!」を参考にしていただければと思います。

切手買取おすすめランキング01 (1)
切手買取専門店おすすめランキング!口コミ評判を比較し、高く売りたいならどこがいいかを徹底解説!
2019-01-22 18:23
切手を高く売るならどこの業者が良い? 切手を買い取ってもらいたい場合、どこで売るのが良いのでしょうか。いくら使う予定がなく処分する切手とはいっても、どうせ売るなら高値で買い取っても...
切手の買取相場の関連記事
  • 1000円切手買取アイキャッチ
    1000円切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
  • 82円切手買取アイキャッチ
    82円切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
  • はがき買取アイキャッチ
    はがき買取はどこでできる?高く売るためのポイントを徹底解説!
  • 1997年長野オリンピック冬季大会募金切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
  • 1998年長野オリンピック冬季大会記念切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
  • 1961年オリンピック東京大会募金切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!