中国切手
▼当サイトで人気の切手買取店はこちら!
勲章のフリーアイコンバイセル【とにかく高く売れる!】
価格満足度NO.1!すぐに切手を売りたい人にもおすすめ!
切手
さらに詳しくおすすめの切手買取店を知りたい方は、「切手買取専門店おすすめランキング!口コミ評判を比較し、どこが良いのかを徹底解説!」を参考にしてください。

中国切手とは?

中国切手とは、中華人民共和国で発行された切手全般のことを指します。中国では日本以上に膨大な数の切手が発行されていますが、それでもなお高額な金額で取引されるだけの価値がある切手になります。

 

その中でも、特に1950年から80年代にかけて発行された文化大革命時代の切手(文革切手)は大変高額で売買されています。その時代の中国では切手収集そのものが禁止されていたため、非常に数が少なくなっています。

 

また、中国共産党のPRなど政治的な意味合いを持った切手も数多く存在するのが特徴です。

中国切手の買取相場

文革切手は基本的に高値の買取相場となっていますが、その中でも特に「赤猿(子ザル)」はバラでも12万円~15万円、「毛主席の最新指示」はバラでも40万円という超高額の買取相場となっています。さらにシートともなると1億円を超える場合もあり、日本の切手では考えられないような相場です。

 

ただしこれは文革切手に限ったことであり、それ以外の一般的な切手は基本的に日本の古切手程度の相場となります。最近発行された切手に関しては、額面程度の価値があるかないか程度となります。

中国切手の買取相場一覧

代表的な中国切手の買取相場の一覧は下記のとおりです。なお、額面の単位の「分」は中国の代表的な通貨である「元」との比較で言うと「1分=1/100元」とあらわされる単位になります。

赤猿

項目 内容
発行年度 1980年
額面の種類 8分
買取価格の目安 18万円(バラ)
その他備考 中国の年賀切手のような存在の切手です。この年の干支は猿ということで猿をモチーフにした切手が発行されました。

 

非常に人気が高く、1シートで800万円、美品のものに関しては1億円以上の買取価格がついたこともある切手です。

 

赤猿切手についてさらに詳しく知りたい方は、「赤猿切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!」を参考にしてください。

赤猿切手
赤猿・子ザルの切手買取価格の相場はいくら?本物と偽物の見分け方も解説!
2019-01-30 17:40
赤猿(子ザル)切手とは? 赤猿(子ザル)切手は、1980年に発行された中国切手の1つであり、中国で初めて発行された年賀状切手でもあることから非常に高い人気を誇る切手です。正式名称は...

オオパンダ

項目 内容
発行年度 1963年(1次)・1973年(2次)
額面の種類 43分
買取価格の目安 8,000円(1次パンダ3種セット)、4,000円(2次パンダ6種セット)
その他備考 パンダは小パンダ(レッサーパンダ)と大パンダ(ジャイアントパンダ)に分けることができ、この切手は白黒の愛くるしいジャイアントパンダがモチーフになっています。

 

2次に分けて発行され、1次では3種類、2次では6種類の大パンダ切手が存在しています。

 

オオパンダ切手についてさらに詳しく知りたい方は、「オオパンダ切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!」を参考にしてください。

オオパンダ切手
オオパンダ切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
2019-01-31 16:26
オオパンダ切手とは オオパンダ切手とは、中国の文化大革命の時代に発行された文革切手の1種です。中国の有名画家・呉作人が描いたかわいらしいパンダがデザインされ、国内だけでなく海外でも...

梅蘭芳舞台芸術

項目 内容
発行年度 1962年
額面の種類 3分
買取価格の目安 5万円(バラ8種セット)
その他備考 中国の京劇の大御所、梅蘭芳(メイ・ランファン)をモチーフにした切手です。京劇は男性のみで行われる古典演劇でモデルの梅蘭芳は女形として有名でした。

 

梅蘭芳舞台芸術切手についてさらに詳しく知りたい方は、「梅蘭芳舞台芸術切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!」を参考にしてください。

梅蘭芳舞台芸術切手
梅蘭芳舞台芸術切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
2019-01-31 13:39
梅蘭芳舞台芸術切手とは? 梅蘭芳舞台芸術切手とは、1962年に発行され、当時人気であった中国の京劇俳優である梅蘭芳(メイランファン)がデザインされている中国切手の1種です。 当時...

項目 内容
発行年度 1981年
額面の種類 8分
買取価格の目安 1,000円(バラ)
その他備考 酉切手は年賀記念小型シートとして発行され、その年の干支である酉が描かれています。デザインは中国現代の著名中国画家、漫画家、壁画家、書道家、工芸美術家である張仃(ちょうてい)が手掛けています。

 

酉切手についてさらに詳しく知りたい方は、「酉切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!」を参考にしてください。

酉切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
2019-02-02 15:23
酉切手とは? 酉切手とは、1981年に中国で年賀記念の小型シートとして発行された切手です。中国では1月1日を鶏の日と定めていることから、鶏がデザインされたものが発行されました。 ...

毛主席シリーズ切手

項目 内容
発行年度 1967~1968年
額面の種類 8分、10分
買取価格の目安 1,000円(バラ)~40万円(シート)
その他備考 毛主席シリーズ切手は中国に文化大革命を起こした毛沢東がシリーズとなって描かれています。シリーズにはいくつか種類があり、価値の高いものはシートで40万円以上の価値も期待できます。

 

毛主席シリーズ切手についてさらに詳しく知りたい方は、「毛主席シリーズ切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!」を参考にしてください。

毛主席シリーズ
毛主席シリーズ切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
2019-03-04 11:43
毛主席シリーズ切手とは? 毛主席シリーズ切手とは1967年から1968年にかけてシリーズとして発行された切手であり、中国の最高指導者とされていた毛沢東が描かれています。毛沢東は日中...

全国の山河は赤一色

項目 内容
発行年度 1968年
額面の種類 8分
買取価格の目安 400万円以上(バラ)
その他備考 赤く染まった中国の地図の下に労働者が集まっているというイラストの切手です。近年の中国経済市場により、希少な文革切手は投資の対象となっており、異様な高値で取引されています。

少年たちよ子供の時から科学を愛そう

項目 内容
発行年度 1979年
額面の種類 8分
買取価格の目安 300円以上(バラ)
その他備考 少年というタイトルですが、絵のモチーフは少女が本を広げ両肘をつき、周りには月や土星、熱帯魚などが配されたものとなっています。(T41m)と(T41)の2タイプがあり、発行部数の少ない(T41m)にプレミアがつきます。その(T41m)の小型シートは10万円前後の買取価格がつきます。

童話ボチャン

項目 内容
発行年度 1980年
額面の種類 8分
買取価格の目安 300円以上(バラ)
その他備考 中国の童話「ボチャン」をモチーフにした切手です。中国人であるならば誰もが知っているであろう有名な童話で、川に物が落ちてボチャンという音がしたところ、それを聞いたウサギが怪物と勘違いしたという話で、切手は音を聞いたウサギが描かれています。

 

バラだと低い買取価格しか期待できませんが、切手帳は数万円の価値が付きます。

第3次五ヵ年計画 2種完

項目 内容
発行年度 1967年
額面の種類 8分
買取価格の目安 1,000円以上(バラ)
その他備考 定期的に五カ年計画を実施して国を改革している中国での3回目の改革に合わせて発行された切手です。ちなみにこの計画(「三五」計画)は戦争に立脚し、積極的に戦争に備え、国防の建設を第一位に置いたものとなっていたようです。

天安門図第3版

項目 内容
発行年度 1950年
額面の種類 100(単位)
買取価格の目安 1万円(全7種類セット)
その他備考 北京の天安門を描いた古い切手です。ここが重要視される理由は毛沢東が建国宣言を行った場所であるからです。斜めから見た珍しい構図の天安門が一色刷りで発行されています。

天安門図第5版

項目 内容
発行年度 1951年
額面の種類 2万(単位)
買取価格の目安 数万円(全6種セット)
その他備考 第3版と似た構図の天安門ですが、色が異なります。額面が非常に高いので第3版よりも希少で買取価値も高くなっています。

牡丹シリーズ

項目 内容
発行年度 1964年
額面の種類 43分
買取価格の目安 2万円(バラ)
その他備考 中国原産で中国を代表する花である牡丹をモチーフにした切手です。中国人にとって非常に愛着のある花で、日本人のサクラのようなイメージかもしれません。

 

そのような背景もあり非常に人気が高く、特に希少価値の高い小型シートは10万円前後の買取価格が期待できます。

金魚シリーズ

項目 内容
発行年度 1960年
額面の種類 8分
買取価格の目安 2,000円(バラ)
その他備考 12種類あるカラーの切手で、中央に美しく泳ぐ金魚が描かれています。これは日本でいうところの特殊切手に含まれるもので、希少価値もあります。未使用12種セットで買取価格2万円前後も期待できる切手です。

菊シリーズ

項目 内容
発行年度 1960年
額面の種類 22分
買取価格の目安 3万円(未使用で全て揃った状態)
その他備考 18種類ある菊のみを集めたシリーズです。牡丹同様中国人が大変愛着を持っている花で、カラーで描かれた美しい菊の花が中央に描かれています。

黄山風景シリーズ

項目 内容
発行年度 1968年
額面の種類 8分
買取価格の目安 4万円(未使用の全16種セット)
その他備考 「黄山を見ずして、山を見たというなかれ」という有名な言葉があるほど美しい山が連なるエリアで、中国有数の景勝地です。それをモチーフにした当時としては珍しい風景の切手となります。そういった経緯もあり、買取価格も高額な金額が期待できます。

革命的な現代京劇

項目 内容
発行年度 1968年
額面の種類 8分
買取価格の目安 3,000円(バラ)
その他備考 京劇をモチーフに現代風にアレンジした現代京劇と呼ばれるものをモチーフにした切手です。文革期の中国で、国を挙げて推進したエンターテインメント劇で当時の衣服を着た俳優が演技するというものだったようです。

イボハナザル

項目 内容
発行年度 1968年
額面の種類 10分
買取価格の目安 2,000円(未使用3種セット)
その他備考 イボハナザルは孫悟空のモデルにもなった希少なサルです。キンシコウとも呼ばれ、ジャイアントパンダ同様中国国家一級重点保護野生動物に指定されています。イボハナの由来ですが、雄にイボ状のコブがあるためこの名前がつきました。

アメリカ黒人の闘争支持

項目 内容
発行年度 1968年
額面の種類 8分
買取価格の目安 1万円(バラ・未使用)
その他備考 キング牧師がアメリカで暗殺されたことを発端にした黒人暴動を、毛沢東が支持する声明を出したことをモチーフとした切手です。美しい赤の色調が特徴的で価値が高騰しています。

革命的現代バレエ

項目 内容
発行年度 1973年
額面の種類 8分
買取価格の目安 5,000円(未使用4種セット)
その他備考 毛沢東の妻として有名な江青が創設したとされる現代バレエがモチーフになった切手です。当時から中国ではバレエが盛んに推奨され、更に絵柄はアジア圏では珍しかった男性バレエダンサーを採用しています。

紅旗用水路

項目 内容
発行年度 1972年
額面の種類 8分
買取価格の目安 5,000円(未使用4種セット)
その他備考 海抜千メートルの高地に作られた用水路がモチーフになった切手です。絵柄が示すような困難な地形を10年以上の歳月をかけて建設されました。この高度な建設技術をPRするという意味で発行されたといっても過言ではありません。

編鐘

項目 内容
発行年度 1968年
額面の種類 3元
買取価格の目安 500円(バラ)
その他備考 編鐘(へんしょう)という音の高さが違う鐘を横に並べた大きな中国の伝統的な打楽器がモチーフになっています。紀元前からあると言われ、日本にも日光東照宮に中国から伝来した同様の楽器が保管されています。

ピアノ伴奏による京劇

項目 内容
発行年度 1969年
額面の種類 8分
買取価格の目安 6,000円(未使用2種セット)
その他備考 ピアノ伴奏の京劇を描いた伝統的な京劇切手とは一線を画す絵柄がモチーフになっています。これは現代京劇と呼ばれる演目、日中戦争の頃を題材にした紅灯紀がモチーフになっています。

蓮の花

項目 内容
発行年度 1980年
額面の種類 1元
買取価格の目安 3,000円(バラ)
その他備考 蓮の花が描かれた切手で、細長い独特の形状をしています。蓮は仏教などでも用いられるように中国においても神聖で縁起の良い花とされており、そのこともあって高値で取引されます。4種あり、すべてそろった状態だと2万円以上の買取価格が期待できます。

中華人民共和国展覧会

項目 内容
発行年度 1980年
額面の種類 8分
買取価格の目安 4~5万円(12面シート)
その他備考 アメリカで行われた中国の展覧会を記念して発行された切手です。この絵柄は盧天驕という中国では有名な女性切手デザイナーが制作したもので、どこか女性的な雰囲気を漂わせるデザインとなっています。シートは大変高額で取引されますが、バラだと数百円程度の相場になります。

中国 工業機械

項目 内容
発行年度 1973年
額面の種類 8分
買取価格の目安 25,000円(未使用4種セット)
その他備考 横長の珍しいレイアウトの切手です。中国の工業機械が描かれており、工作機械や農業機械、発電機や鉱工業に用いる機械など当時の中国の最新鋭機器が描かれています。

婦人教師

項目 内容
発行年度 1975年
額面の種類 8分
買取価格の目安 5,000円(未使用4種セット)
その他備考 女性教師をモチーフにした切手です。中国では女性をモチーフにした切手が少なく、そういった意味でも希少価値の高い切手で、人民服姿で複数の生徒と一緒に描かれているなど中国らしいデザインとなっています。

莽馬

項目 内容
発行年度 1968年
額面の種類 5分
買取価格の目安 4,000円(バラ)
その他備考 中国の洋画家、徐悲鴻(じょひこう)の作品を切手にしたものです。モチーフとなった絵柄は西洋の手法を中国画に持ち込んだ作品で、馬が生き生きと描かれています。ちなみにタイトルは勢いよく走る馬という意味です。

紅楼夢

項目 内容
発行年度 1981年
額面の種類 2元
買取価格の目安 3,000円(12種セット)
その他備考 紅楼夢(こうろうむ)とは中国の古典です。栄華を極める名家に玉を持って生まれた貴公子を主人公に、その恋模様と一族の栄枯盛衰を描き出した名作が描かれています。

雲南のツバキ

項目 内容
発行年度 1979年
額面の種類 2元
買取価格の目安 1,000円(10種類セット)
その他備考 中国ツバキの名産地である雲南のものをモチーフにした切手です。ツバキは中国で人気のある花でもあるため、比較的最近の切手ですが、かなり高額で取引されます。

幹線道路にかかるアーチ橋

項目 内容
発行年度 1978年
額面の種類 2元
買取価格の目安 500円(バラ5種)
その他備考 上に凸な弓のように反った曲線、アーチ構造を使って荷重を支える橋の形式を採用した大型の橋をモチーフにしたものです。自国の建設技術の高さをPRしています。

31回リチオーネ国際展加刷

項目 内容
発行年度 1979年
額面の種類 2元
買取価格の目安 3万円(バラ)
その他備考 1979年にこのイタリアのリチオーネ(イタリア北部のアドリア海に面した中都市)で開催された国際切手展を記念して作られた切手です。中国らしい万里の長城が描かれていますが、偽造が多く的確な鑑定が求められる切手です。

万里の長城

項目 内容
発行年度 1979年(2016年)
額面の種類 2元
買取価格の目安 300円(バラ4種)
その他備考 中国の特殊切手として大変人気の絵柄のため2016年に復刻しています。特殊切手のため枚数も少なく、2016年のものであっても将来的にプレミア価格がつく可能性があります。

中華人民共和国切手展加刷

項目 内容
発行年度 1979年
額面の種類 2元
買取価格の目安 1万円(シート)
その他備考 横長になっているのが特徴のツバキが描かれた切手です。中国で行われた切手展を記念して発行されたもので、中国を代表する花としてツバキが採用されています。

斉白石作品選

項目 内容
発行年度 1980年
額面の種類 2元
買取価格の目安 5,000円(バラ16種)
その他備考 斉 白石(せい/さい はくせき)は19世紀末から20世紀に活躍した中国を代表する中国近代絵画の巨匠です。カラーの非常に美しい中国画が描かれており、それだけでも希少価値の高い切手となっています。

中国 客船

項目 内容
発行年度 1968年
額面の種類 8分
買取価格の目安 6,000円(4種セット美品)
その他備考 中国で建造された客船が描かれた4種類の切手です。基本的な外見は国によって大差がないことも多く、日本の客船とそれほど違う印象はありません。

黄賓虹の作品選

項目 内容
発行年度 1996年
額面の種類 20分、40分、50分、230分
買取価格の目安 300円~500円(バラ)
その他備考 黄賓虹(こうひんこう)は、1865年に中国の安徽省で生まれた山水画家で、非常に精密で味わいのある宋元画を多数残しました。画家としての活動の他、貴重な美術史料の収集にも精力を注いだことで有名です。

牡丹亭

項目 内容
発行年度 1984年
額面の種類 2元
買取価格の目安 1,500円(シート)
その他備考 牡丹亭(ぼたんてい)は「牡丹亭還魂記」、「還魂記」ともいう明代の劇作家湯顕祖の代表作です。亡くなった女性がよみがえり、男性と結ばれる話で、主人公杜麗娘と柳夢梅とのラブストーリーを描いたものです。

工芸美術

項目 内容
発行年度 1978年
額面の種類 3元
買取価格の目安 15,000円(バラ)
その他備考 非常に美しい天女の絵画が描かれた切手で横長の形状が特徴的です。中国切手でも有名なタイトルの一つで非常に人気があり、非常に高額で取引されています。

中華人民共和国成立15周年

項目 内容
発行年度 1968年
額面の種類 8分
買取価格の目安 3,000円(バラ切手3種)
その他備考 中華人民共和国の建国15周年を祝った切手です。デザインは中国共産党を称えた文章と五星紅旗(中国の国旗)、毛主席を称える文章の3種類があります。

開国1周年 東北貼用 初版

項目 内容
発行年度 1950年
額面の種類 5,000(単位)
買取価格の目安 5万円(バラ)
その他備考 中華人民共和国の開国1周年を記念した切手です。バリエーションがあり、この東北貼用 初版に関しては他のバリエーションの50倍以上の金額で取引されます。

中国共産党50周年

項目 内容
発行年度 1971年
額面の種類 4分、8分、22分
買取価格の目安 5,000円(3連刷)、7,000円(他6種未使用)
その他備考 中国共産党50周年を記念した切手です。3つで一つの絵柄となった3連刷、天安門や万里の長城など中国にちなんだ単色刷りの写真が入った6種から構成されます。

抗日戦争勝利20周年

項目 内容
発行年度 1965年
額面の種類 8分
買取価格の目安 8,000円(未使用4種セット)
その他備考 抗日戦争勝利20周年を記念して発行された切手です。日本では日中戦争とそれに続く第二次世界大戦を合わせたものを指します。勇敢な兵士などをモチーフとした絵柄が採用されています。

孫中山誕生100周年

項目 内容
発行年度 1966年
額面の種類 8分
買取価格の目安 3,000円(バラ)
その他備考 孫中山は孫文の別名で、辛亥革命を起こし清朝を倒した人物です。民主政治のきっかけを作った人物で偉大な革命家として中国で認知されています。

記念巴黎公社100周年

項目 内容
発行年度 1971年
額面の種類 22分
買取価格の目安 15,000円(4種セット)
その他備考 巴黎公社とはパリ・コミューンのことです。パリ・コミューンは1871年フランスで起こった共産主義政権で、2か月足らずで崩壊したものの世界中の共産主義に強い影響を与えました。中国でもパリ・コミューンは重要視されており、この切手もその結成100周年を記念して発行されました。

人民解放軍健軍41周年

項目 内容
発行年度 1967年
額面の種類 8分
買取価格の目安 1,000円(バラ)
その他備考 1927年に共産党が武装して民衆を率いてから41年が過ぎたことを文章にして切手に記載されいます。左にその文章右に人民解放軍の3人の兵士が描かれています。

延安 文芸講話発表25周年

項目 内容
発行年度 1968年
額面の種類 8分
買取価格の目安 7万円(未使用3種セット)
その他備考 延安は毛沢東が共産党政権を樹立した都市として有名です。革命の発端となった場所と認識されている側面もあります。延安で話された文学や芸術、知識に関する毛沢東の講話をモチーフにしています。

キューバ革命4周年

項目 内容
発行年度 1968年
額面の種類 10分
買取価格の目安 15,000円(6種セット)
その他備考 中国と同じ共産主義政権であるキューバの革命4周年を記念して発行されたものです。二人の指導者(チェ・ゲバラ、フィデル・カストロ)と民衆、革命を成し遂げた兵士などが描かれた6種の切手です。

黄果樹瀑布

項目 内容
発行年度 2001年
額面の種類 8分
買取価格の目安 200円(バラ)
その他備考 黄果樹瀑布(おうかじゅばくふ)は中国最大の滝です。これだけ見ると巨大な滝のように見えますが、落差65mは日本最大の滝である那智の滝の半分程度、横幅80mに至っては鹿児島県の曽木の滝の4分の一程度と意外と大きくない滝ですが、中国の名勝として非常に有名です。

 

中国切手以外の外国(海外)切手の買取相場についてさらに詳しく知りたい方は「外国切手の買取価格の相場一覧と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!」も参考にしていただければと思います。

外国切手
外国(海外)切手の買取価格の相場!高額プレミアの価値は?
2019-02-27 14:33
外国(海外)切手とは? 外国(海外)切手とは名前の通り日本国外で発行された切手です。ただし、海外の印刷所で印刷され、郵政省や日本郵便が発売したものは除きます。 非常に珍しい切手も...

中国切手の買取におすすめの専門店

バイセル

バイセル切手買取

中国切手の買取には、買取専門店であるバイセルでの買取をお勧めします。

 

中国切手は、赤猿切手をはじめとする文革切手には非常に高い価値が付けられており、高額な買取価格を期待できます。しかし切手の知識に疎い買取店に出してしまうと、その価値を評価されずに不当に低い買取価格で買取をされてしまうケースがあります。

 

バイセルでは中国切手などの海外切手の買取の実績も多く、その切手本来の価値や現在の海外での流通状況などを加味しながら買取価値を算出し提示してくれます。

 

その際に一円でも他店より低い買取価格を提示していることが分かったときには商品を全品返却するほど、高額査定にも圧倒的な自信を持っている買取店です。

 

また全国展開で鑑定員の派遣ができるので、手軽にスピーディーに対応してくれるのもバイセルの魅力の1つです。バイセルの査定は無料なので、気軽に利用してみるとよいでしょう。

 

バイセルの評判や口コミについてさらに詳しく知りたい方は、「【バイセルの切手買取】口コミ評判・買取相場を実際の体験談をもとに徹底解説!」を参考にしていただければと思います。

 

また、バイセル以外におすすめの切手買取専門店について知りたい方は、「切手買取専門店おすすめランキング!口コミ評判を比較し、どこが良いのかを徹底解説!」を参考にしていただければと思います。

切手買取おすすめランキング01 (1)
切手買取専門店おすすめランキング!口コミ評判を比較し、高く売りたいならどこがいいかを徹底解説!
2019-01-22 18:23
切手を高く売るならどこの業者が良い? 切手を買い取ってもらいたい場合、どこで売るのが良いのでしょうか。いくら使う予定がなく処分する切手とはいっても、どうせ売るなら高値で買い取っても...
切手の買取相場の関連記事
  • 1000円切手買取アイキャッチ
    1000円切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
  • 82円切手買取アイキャッチ
    82円切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
  • はがき買取アイキャッチ
    はがき買取はどこでできる?高く売るためのポイントを徹底解説!
  • 1997年長野オリンピック冬季大会募金切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
  • 1998年長野オリンピック冬季大会記念切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
  • 1961年オリンピック東京大会募金切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!