軍事切手
▼当サイトで人気の切手買取店はこちら!
勲章のフリーアイコンバイセル【とにかく高く売れる!】
価格満足度NO.1!すぐに切手を売りたい人にもおすすめ!
切手
さらに詳しくおすすめの切手買取店を知りたい方は、「切手買取専門店おすすめランキング!口コミ評判を比較し、どこが良いのかを徹底解説!」を参考にしてください。

軍事切手とは?

軍事切手とは、1910年戦争が行われていた当時、軍事郵便での利用を目的に発行された切手です。主に海外にいる日本軍兵士が、日本にいる家族や友人に向けて郵便物を送るために作られました。

 

軍事切手は独自にデザインされた切手ではなく、既存の普通切手に軍事という文字が加刷されているものになります。

 

軍事切手は大きく分けて軍事加刷Ⅰ型と軍事加刷Ⅱ型があります。Ⅰ型とⅡ型の切手は似たような図柄となっているので、字の間隔でどちらの型であるかを見分ける必要があります。

軍事加刷Ⅰ型

1910年から1914年にかけて発行されたものが軍事加刷Ⅰ型と呼ばれています。Ⅰ型のものは「軍」と「事」の漢字の感覚が4mmほど空いているのが特徴です。額面は3銭となっています。

軍事加刷Ⅱ型

1924年から1933年にかけて発行されたものが軍事加刷Ⅱ型と呼ばれています。Ⅱ型のものは「軍」と「事」の漢字の間隔が2mmほどと、Ⅰ型に比べ小さくなっています。Ⅱ型も額面は3銭となっています。

軍事切手の買取相場

軍事切手は価値が非常に高い切手になっており、価値が低い使用済みのものでもI型が1,000円以上、II型が3,000円以上という買取相場になっています。

 

その中でも特に価値が高いのが青島軍事切手で、その買取価格はバラ1枚でも100~200万円程度とされています。

軍事切手の買取相場一覧!高額の価値が付く種類は?

青島軍事切手

項目 内容
発行年度 1921年4月1日
額面 3銭
買取価格の目安 100~200万円、使用済みで80万円
その他備考 山東半島の青島局で臨時に製造された切手で、普通切手に軍事の文字が加刷されています。

 

臨時で作られたため非常に現存数が少ないプレミア切手となっていて、バラ切手1枚でも100~200万円の価格がつくとされています。

大正白紙加刷軍事切手

項目 内容
発行年度 1913年
額面 3銭
買取価格の目安 10,000円~45,000円
その他備考 普通切手として発行されていた大正白紙切手に軍事の文字を加刷したものです。軍事加刷Ⅰ型の切手です。

 

縦横のサイズが異なるものが3種類存在し、正方形のものがもっとも価値が高くなっています。買取相場は10,000円~45,000円前後と非常に高価になっています。

旧大正毛紙加刷軍事切手

項目 内容
発行年度 1914年、1924年
額面 3銭
買取価格の目安 1,000円~3,000円
その他備考 普通切手として発行されていた旧大正毛紙切手に軍事の文字を加刷したものです。軍事加刷Ⅰ型と軍事加刷Ⅱ型の両方が発行されています。

 

買取相場はⅠ型が1,000円、Ⅱ型が3,000円前後となっています。ただしⅡ型で正方形のものは30,000円程度のプレミア価値があります。

新大正毛紙加刷軍事切手

項目 内容
発行年度 1928年、1933年
額面 3銭
買取価格の目安 4,500~40,000円
その他備考 普通切手として発行されていた新大正毛紙切手に軍事の文字を加刷したものです。軍事加刷Ⅱ型のものが発行されています。

 

軍事の文字の間隔によって価格が変わり、2mmが4,500円前後、2.3mmが8,000円前後、1mmのものは40,000円以上の価値がついています。

菊切手加刷軍事切手

項目 内容
発行年度 1910年
額面 3銭
買取価格の目安 9,000円~13,000円
その他備考 普通切手として発行されていた菊切手に軍事の文字が加刷されている切手です。菊切手には軍事加刷Ⅰ型のみが存在します。

 

非常に古い切手で価値が高く、買取相場は9,000円から13,000円前後の高額となっています。

軍事切手の買取実績

軍事切手の過去の買取実績の一例は、下記のとおりです。

 

切手 価格
新大正毛紙軍事 2.3mm 6,800円
菊切手加刷軍事切手軍事加刷Ⅰ型 13,000円
旧大正毛紙加刷軍事切手軍事加刷Ⅰ型 正方形のもの 30,000円
大正白紙加刷軍事切手 正方形のもの 43,000円
青島軍事切手 150万円

 

また、軍事切手以外の買取相場について詳しく知りたい方は、「切手買取相場の一覧まとめ!切手はいくらで売れる?」を参考にしてください。

切手買取相場アイキャッチ
切手買取相場の一覧まとめ!切手はいくらで売れる?
2019-03-05 14:19
切手の買取価格の決まり方 切手の買取価格は、様々な要因によって左右されますが、主に切手の種類によって決まります。  切手の種類は、「普通切手」、「特殊切手」、「記念切手」、「外国...

軍事切手の買取におすすめの専門店

バイセル

バイセル切手買取

軍事切手の買取におすすめの専門店がバイセルです。

 

軍事切手は発行年度の古さや発行枚数の少なさから希少価値が高く、高額な買取価格が期待できる切手になります。しかしこのような切手をプレミア切手の価値がわからない金券ショップや質屋などの買取店に出してしまうと、プレミア価値を考慮しない額面換算で買い取られてしまうことがあります。

 

バイセルでは、切手専門のプロの査定員が全国にいるので、プレミア価値を見逃さず査定額に反映してくれます。またバイセルは、他の買取店よりも1円でも査定額が安ければ買取しないほど高額査定に自信を持っているので、高く軍事切手を買い取ってもらいたい方も安心して任せることができます。

 

バイセルの査定は無料で実施してもらえるので、気軽に依頼しましょう。

 

バイセルの評判や口コミについてさらに詳しく知りたい方は、「【バイセルの切手買取】口コミ評判・買取相場を実際の体験談をもとに徹底解説!」を参考にしていただければと思います。

 

また、バイセル以外におすすめの切手買取専門店について知りたい方は、「切手買取専門店おすすめランキング!口コミ評判を比較し、どこが良いのかを徹底解説!」を参考にしていただければと思います。

切手買取おすすめランキング01 (1)
切手買取専門店おすすめランキング!口コミ評判を比較し、高く売りたいならどこがいいかを徹底解説!
2019-01-22 18:23
切手を高く売るならどこの業者が良い? 切手を買い取ってもらいたい場合、どこで売るのが良いのでしょうか。いくら使う予定がなく処分する切手とはいっても、どうせ売るなら高値で買い取っても...
切手の買取相場の関連記事
  • 1000円切手買取アイキャッチ
    1000円切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
  • 82円切手買取アイキャッチ
    82円切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
  • はがき買取アイキャッチ
    はがき買取はどこでできる?高く売るためのポイントを徹底解説!
  • 1997年長野オリンピック冬季大会募金切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
  • 1998年長野オリンピック冬季大会記念切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
  • 1961年オリンピック東京大会募金切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!