▼当サイトで人気の切手買取店はこちら!
勲章のフリーアイコンバイセル【とにかく高く売れる!】
価格満足度NO.1!すぐに切手を売りたい人にもおすすめ!
切手
さらに詳しくおすすめの切手買取店を知りたい方は、「切手買取専門店おすすめランキング!口コミ評判を比較し、どこが良いのかを徹底解説!」を参考にしてください。

SLシリーズ切手とは?

SLシリーズ切手とは、1974年(昭和49年)から1976年(昭和51年)にかけて5集に渡り展開された特殊切手のシリーズになります。

 

発行枚数も2,500~2,800万組と多いことから知名度も高く、日本国内の鉄道をモチーフにした切手シリーズの中でもメジャーなシリーズとして認知されています。2種ペアで1集という形で発行されていました。

 

題材となったSLはD51型、C57型、C58型、D52型、8620型、C11型、9600型、C51型、7100型、150型であり、いずれも明治期、大正期、昭和期の国内で製造された型式となっており、日本国内のSLを切手で知ることができる資料的な側面もあります。

SLシリーズ切手の買取相場

SLシリーズの切手は発行部数がかなり多いことから骨董的価値は低く、買取り価格は切手の額面より少し高い程度となっています。一般的なバラ切手の買取相場は30~50円程度、シートで500円前後です。

 

しかし初日カバー(郵便切手が貼られ、その切手の発行日当日の消印が押された使用済み切手)は希少性が非常に高く、特別の消印である記念印が使用された場合はさらに価値が上がります。SLシリーズの初日カバー(FDC)は1万円の買取価格を超えることもあります。

SLシリーズ切手の買取相場一覧

D51型

項目 内容
発行年度 1974年11月26日
額面の種類 20円
買取価格の目安 30円~50円(バラ)
その他備考 D51は1936年から1975年まで製造されたSLです。日本で最も製造されたモデルになります。切手の買取相場は30~50円、C57とペアになったシートは美品で500円程度です。

C57型

項目 内容
発行年度 1974年11月26日
額面の種類 20円
買取価格の目安 30円~50円(バラ)
その他備考 その美しい外見の構造から貴婦人の異名を持つSLです。1937年~1947年に製造され、現在の特急列車に相当する「優等列車」として全国で用いられた経緯があります。切手の買取相場は30~50円、D51とペアになったシートは美品で500円程度です。

C58型

項目 内容
発行年度 1975年2月25日
額面の種類 20円
買取価格の目安 30円~50円(バラ)
その他備考 1938年~1947年にかけて製造されたSLで、主にローカル線を走った型式です。旅客や貨物など多くの場面で活躍しました。切手の買取相場は30~50円、C52とペアになったシートは美品で500円程度です。

C52型

項目 内容
発行年度 1975年2月25日
額面の種類 20円
買取価格の目安 30円~50円(バラ)
その他備考 需要の旺盛な日本最重要の幹線である東海道線や山陽本線用のSLとして1925年にアメリカから輸入され日本の事情に合わせて改修されたSLです。切手の買取相場は30~50円、C58とペアになったシートは美品で500円程度です。

8620型

項目 内容
発行年度 1975年4月3日
額面の種類 20円
買取価格の目安 30円~50円(バラ)
その他備考 1914年に日本で初めて国内で生産、量産化されたSLです。全国で使用され、1970年代まで使用されていた経緯のある型式でもあります。切手の買取相場は30~50円、C11とペアになったシートは美品で500円程度です。

C11型

項目 内容
発行年度 1975年4月3日
額面の種類 20円
買取価格の目安 30円~50円(バラ)
その他備考 1932年に開発されたSLで、あらゆる路線の老朽化した車両の後継として使用されました。比較的小型なSLです。切手の買取相場は30~50円、8620型とペアになったシートは美品で500円程度です。

9600型

項目 内容
発行年度 1975年5月15日
額面の種類 20円
買取価格の目安 30円~50円(バラ)
その他備考 1913年から製造が開始され、切手発行の翌年である1976年まで現役で使用されたSLです。切手の買取相場は30~50円、C51とペアになったシートは美品で500円程度です。

C51型

項目 内容
発行年度 1975年5月15日
額面の種類 20円
買取価格の目安 30円~50円(バラ)
その他備考 愛称はシゴイチ。主要幹線に投入された機関車で1920年代~30年代にかけて主力SLとして活躍しました。切手の場は30~50円、9600型とペアになったシートは美品で500円程度です。

7100型

項目 内容
発行年度 1975年6月10日
額面の種類 20円
買取価格の目安 30円~50円(バラ)
その他備考 1880年~1889年にかけてアメリカで製造され、日本に輸入されたSLです。北海道で主に運用され、日本の古典蒸気機関車の代表格として有名なSLになります。切手の買取相場は30~50円、150型とペアになったシートは美品で500円程度です。

150型

項目 内容
発行年度 1975年6月10日
額面の種類 20円
買取価格の目安 30円~50円(バラ)
その他備考 日本で最初に使用されたSLで、イギリスから1871年に輸入されました。1両のみの輸入で、日本の鉄道史の重要な資料という側面もあります。切手の買取相場は30~50円、7100型とペアになったシートは美品で500円程度です。

SLシリーズ切手の買取実績

SLシリーズ切手の過去の買取実績の一例は、下記のとおりです。

 

切手 価格
C11型 バラ切手 50円
D51型とC57型のペアシート 500円
9600型とC51型のペアシート FDC 17,000円

 

また、SLシリーズ切手以外の特殊切手の買取相場についてさらに詳しく知りたい方は「特殊切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!」の記事を参考にしてください。

特殊切手
特殊切手の買取価格の相場一覧と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
2019-02-12 18:00
特殊切手とは? 特殊切手とは、日本が誇る自然や文化財などを題材として発行され、シリーズとして発行される切手です。 切手は大きく2つに分けると「普通切手」と「特殊切手」に分類されま...

SLシリーズ切手の買取におすすめの専門店

バイセル

バイセル切手買取

SLシリーズ切手の買取におすすめの専門店はバイセルです。

 

SLシリーズ切手はペアになることで買取価格が大きく上がり、さらにFDCも高価買取が期待できるシリーズです。しかし切手の知識に乏しい専門店の査定士に依頼してしまうと、切手の価値を正しく理解してもらえず不当に低い査定額を提示されることがあります。

 

バイセルには切手買取に精通しているプロの査定士が多く在籍しており、切手1枚1枚に見合った額を正しく査定し提示してもらえます。他店よりも安かった場合は全品返却もしてくれるので、安心して利用できます。

 

バイセルの査定は無料で実施しているので、気軽に利用してみましょう。

バイセルの評判や口コミについてさらに詳しく知りたい方は、「【バイセルの切手買取】口コミ評判・買取相場を実際の体験談をもとに徹底解説!」を参考にしていただければと思います。

 

また、バイセル以外におすすめの切手買取専門店について知りたい方は、「切手買取専門店おすすめランキング!口コミ評判を比較し、どこが良いのかを徹底解説!」を参考にしていただければと思います。

切手買取おすすめランキング01 (1)
切手買取専門店おすすめランキング!口コミ評判を比較し、高く売りたいならどこがいいかを徹底解説!
2019-01-22 18:23
切手を高く売るならどこの業者が良い? 切手を買い取ってもらいたい場合、どこで売るのが良いのでしょうか。いくら使う予定がなく処分する切手とはいっても、どうせ売るなら高値で買い取っても...
切手の買取相場の関連記事
  • 1000円切手買取アイキャッチ
    1000円切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
  • 82円切手買取アイキャッチ
    82円切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
  • はがき買取アイキャッチ
    はがき買取はどこでできる?高く売るためのポイントを徹底解説!
  • 1997年長野オリンピック冬季大会募金切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
  • 1998年長野オリンピック冬季大会記念切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
  • 1961年オリンピック東京大会募金切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!