航空切手
▼当サイトで人気の切手買取店はこちら!
勲章のフリーアイコンバイセル【とにかく高く売れる!】
価格満足度NO.1!すぐに切手を売りたい人にもおすすめ!
切手
さらに詳しくおすすめの切手買取店を知りたい方は、「切手買取専門店おすすめランキング!口コミ評判を比較し、どこが良いのかを徹底解説!」を参考にしてください。

航空切手とは?

航空切手とは、航空郵便向けに1929年から発行され始めた切手のことです。日本において発行された航空切手は国内航空郵便用と国際航空郵便用の二種類があり、全部で8種類のデザインのものが存在しています。

 

かつて日本には航空郵便制度があり、その利用のために航空郵便が発行されていましたが、1953年から航空郵便制度は速達郵便制度に組み込まれ、普通切手が使われるようになっています。そのため現在日本では航空切手は発行されていません。

 

航空切手は発行されていた期間が非常に短かったために希少価値が高くなっていて、状態が良いものはもちろん使用済みの切手であっても高い買取価格が期待できる切手のひとつとなっています。

航空切手の買取相場

航空切手の買取相場は種類によって変わりますが、およそバラ1枚で500~10,000円の範囲内になることが多いようです。

 

航空切手の中で価値が低いものには五重塔航空切手(円位)や大仏航空切手などがあり、バラ切手だと100~1,000円程度の買取価格となっています。逆に価値が高いものは立山航空切手で、75円のものが7,000円程度、55円のものが10,000円程度と買取価格が高額になっています。

航空切手の買取相場一覧

芦ノ湖航空

項目 内容
発行年度 1929年
額面の種類 8銭5厘、9銭5厘、16銭5厘、18銭、33銭
買取価格の目安 1,000~3,000円
その他備考 富士山と輸入されて運航されていた木製旅客機のフォッカー F.VIIが図柄になっています。1929年から航空郵便精度の開始に合わせて発行されました。

 

買取相場は8銭5厘が3,000円、33銭が1,500円、その他額面が1,000円程度となっています。

きじ航空

項目 内容
発行年度 1950年
額面の種類 16円、34円、59円、103円、144円
買取価格の目安 1,000~2,000円
その他備考 飛行機ではなく、きじの絵が図柄になっている切手です。終戦後最初に発行された航空切手で希少価値が高くなっています。

 

買取相場は59円と144円が2,000円、その他の額面が1,000~2,000円程度となっています。

五重塔航空(銭位)

項目 内容
発行年度 1951年
額面の種類 15円、20円、25円、30円、40円
買取価格の目安 300~1,500円
その他備考 五重塔と飛行機ダグラスDC-4型機が図柄になっている切手です。終戦後に航空便が認められた際に発行されました。

 

買取相場は15円と40円が300円、20円と25円と30円が1,500円程度となっています。

五重塔航空(円位)

項目 内容
発行年度 1952年~1962年
額面の種類 15円、20円、25円、30円、40円
買取価格の目安 30~200円程度、20円切手のみ2,000円程度
その他備考 五重塔航空切手の通貨単位が円表記に変更されたものです。図柄は同じく五重塔とダグラスDC-4型機となっています。

 

20円切手のみプレミアがついていて買取相場は2,000円、他の額面は100円程度の価格となっています。

立山航空(銭位)

項目 内容
発行年度 1952年
額面の種類 55円、75円、80円、85円、125円、160円
買取価格の目安 1,000~2,000円、75円切手は7,000円、55円切手は10,000円程度
その他備考 1951年に航空郵便料金が変更されたのにともなって発行された切手です。立山連峰を飛ぶ飛行機が図柄になっています。

 

買取相場は55円が10,000円、75円が7,000円、その他の額面は1,000~2,000円ほどの価格になっています。

立山航空(円位)

項目 内容
発行年度 1952年
額面の種類 55円、75円、80円、85円、125円、160円
買取価格の目安 1,000~2,000円、75円切手は7,000円、80円切手は5,000円程度
その他備考 銭位のものとほぼ同時期に発行された切手で、同じく立山連峰を飛ぶ飛行機が図柄になっています。

 

買取相場は75円のものが7,000円、80円のものが5,000円、その他の額面が1,000~2,000円程度となっています。

大仏航空

項目 内容
発行年度 1953年
額面の種類 70円、80円、115円、145円
買取価格の目安 145円は500~1,000円程度、その他額面は100円程度
その他備考 日本国内で最後に発行された航空切手で、鎌倉にある大仏と富士山、ダグラスDC-4型機が図柄になっています。

 

買取相場は145円切手のみやや高く500~1,000円前後となっています。その他の額面は価値が低く100円ほどでの買取になっています。

コイル航空

項目 内容
発行年度 1961年
額面の種類 30円
買取価格の目安 1,000~2,000程度
その他備考 他の切手の発行が遅延したために作られた切手で、五重塔切手の図柄が流用されています。

 

自動販売機専用という珍しい切手のため、希少価値が高くなっています。そのため買取相場は1枚で1,000~2,000円ほどと高価になっています。

航空切手の買取実績

航空切手の過去の買取実績の一例は、下記のとおりです。

 

切手 価格
コイル航空切手 30円 1,500円
五重塔航空20円(円位) 2,000円
芦ノ湖航空切手8銭5厘 3,000円
立山航空切手55円(銭位) 10,000円

 

また、航空切手以外の買取相場について詳しく知りたい方は、「切手買取相場の一覧まとめ!切手はいくらで売れる?」を参考にしてください。

切手買取相場アイキャッチ
切手買取相場の一覧まとめ!切手はいくらで売れる?
2019-03-05 14:19
切手の買取価格の決まり方 切手の買取価格は、様々な要因によって左右されますが、主に切手の種類によって決まります。  切手の種類は、「普通切手」、「特殊切手」、「記念切手」、「外国...

航空切手の買取におすすめの専門店

バイセル

バイセル切手買取

航空切手の買取におすすめの専門店がバイセルです。

 

航空切手は発行枚数の少なさから希少価値が高く、高価買取が期待できる切手になります。しかし、このような切手をプレミア価値のわからない金券ショップや質屋などの総合買取店に出してしまうと、額面換算で安く買い取られてしまうことがあります。

 

バイセルでは切手専門のプロの査定員を全国に配置しているので、全国どこでもプレミア価値を見逃さない高価買取をしてもらえます。またバイセルは、他の買取店より1円でも査定額が安ければ買取しないくらい高額査定に自信を持っているので、高く航空切手を買い取ってもらいたい方も安心して任せることができます。

 

バイセルの査定は無料で実施してもらえるので、気軽に依頼しましょう。

 

バイセルの評判や口コミについてさらに詳しく知りたい方は、「【バイセルの切手買取】口コミ評判・買取相場を実際の体験談をもとに徹底解説!」を参考にしていただければと思います。

 

また、バイセル以外におすすめの切手買取専門店について知りたい方は、「切手買取専門店おすすめランキング!口コミ評判を比較し、どこが良いのかを徹底解説!」を参考にしていただければと思います。

切手買取おすすめランキング01 (1)
切手買取専門店おすすめランキング!口コミ評判を比較し、どこが良いのかを徹底解説!
2019-01-22 18:23
切手はどこの業者に売るのが良い? 切手を買い取ってもらいたい場合、どこで売るのが良いのでしょうか。いくら使う予定がなく処分する切手とはいっても、どうせ売るなら高値で買い取ってもらい...
切手の買取相場の関連記事
  • 1000円切手買取アイキャッチ
    1000円切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
  • 82円切手買取アイキャッチ
    82円切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
  • はがき買取アイキャッチ
    はがき買取はどこでできる?高く売るためのポイントを徹底解説!
  • 1997年長野オリンピック冬季大会募金切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
  • 1998年長野オリンピック冬季大会記念切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
  • 1961年オリンピック東京大会募金切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!