立太子礼記念切手
▼当サイトで人気の切手買取店はこちら!
勲章のフリーアイコンバイセル【とにかく高く売れる!】
価格満足度NO.1!すぐに切手を売りたい人にもおすすめ!
切手
さらに詳しくおすすめの切手買取店を知りたい方は、「切手買取専門店おすすめランキング!口コミ評判を比較し、どこが良いのかを徹底解説!」を参考にしてください。

立太子礼記念切手とは?

立太子礼記念切手とは、1952年11月10日に明仁親王(現平成天皇)の立太子の礼を記念して発行された記念切手の1種です。立太子の礼とは平安時代から続く儀式で、親王が皇太子の位に就くことを宣言するために行われています。

 

明仁親王の立太子礼記念切手は、5円・10円・24円の三種の切手と三種の切手と鳳凰をあしらった小型シートが発行されました。5円と10円の切手には、麒麟と菊の花が、24円切手には皇太子旗がそれぞれデザインされています。

立太子礼記念切手の買取相場

立太子礼記念切手は、額面により買取相場が異なります。買取相場は比較的発行枚数の多い5円切手と10年切手は100~200円、発行枚数の少ない24円切手は1,000~1,500円程度です。

 

いずれの切手も小型シートの場合には価値が上がり、20面シートで7,000円程度の価格が期待できます。さらに皇太子誕生日に合わせて発行された小型シートは、特印がついて状態の良いものであれば10万円を超える高値も期待できます。

立太子礼記念切手のの買取相場一覧

5円

項目 内容
発行年度 1952年11月10日
発行枚数 500万枚
買取価格の目安 80円〜200円、目打ちなしは800~1,000円、FDCは1,000~1,200円
その他備考 5円切手は発行枚数が500万枚程度と多いため、それほどの高値は期待できません。ただし目打ちのない切手の場合、小型シート用に発行された切手のため希少価値が高まり、900円程度の高値を期待することができます。

10円

項目 内容
発行年度 1952年11月10日
発行枚数 500万枚
買取価格の目安 100円〜300円、目打ちなしは900~1,100円、FDCは1,000~1,200円
その他備考 10円切手も発行枚数は500万枚のため、5円切手と同じくそれほどの高値は期待できません。ただし10円切手の場合も目打ちのない切手は希少価値が高まり、1,000円程度の高値が期待できます。

24円

項目 内容
発行年度 1952年11月10日
発行枚数 100万枚
買取価格の目安 800円〜1,600円、目打ちなしは1,800~2,500円、FDCは1,000~1,200円
その他備考 24円切手は発行枚数が100万枚と少ないため、希少価値が高く高値で取引されています。こちらも目打ちがないものは1枚でも2,000円程度の高値が期待できます。

小型シート(5円+10円+24円)

項目 内容
発行年度 1952年11月10日
発行枚数 100万枚
買取価格の目安 2,000~7,000円、特印付きのシートは10~15万円
その他備考 5円、10円、24円切手を1枚ずつ張り付けた小型シートであり、シートになることでプレミア価値が非常に上がります。また特印が押されたものはさらに価値が上がり、10~15万円程度の買取価格が付くこともあります。

 

立太子礼記念切手の買取実績

立太子礼記念切手の過去の買取実績の一例は、下記のとおりです。

 

切手 価格
5円切手 120円
10円切手 150円
24円切手 1,300円
10円切手 20面シート 7,000円
小型シート(特印なし) 5,000円
小型シート(特印あり) 120,000円

 

また、立太子礼記念切手以外の記念切手の買取相場についてさらに詳しく知りたい方は「記念切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!」の記事を参考にしてください。

記念切手
記念切手の買取価格の相場一覧と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
2019-02-10 18:16
記念切手とは? 記念切手とは、皇室の儀式などの国家行事を記念して特別に発行される郵便切手で、国家行事などを象徴する絵柄が描かれることが多いです。 記念切手は発行枚数や発行期間が限...

立太子礼記念切手の買取におすすめの専門店

バイセル

バイセル切手買取

立太子礼記念切手の買取におすすめの専門店がバイセルです。

 

立太子礼記念切手は、目打ちや特印の有無などによって価格が大幅に変動するため、プロの目による査定が適正価格での買取における最も重要なポイントになります。切手に詳しい査定士が在籍していないお店に依頼してしまうと、額面通り(5円切手は4~5円)の価値とみなされてしまう可能性があります。

 

一方でバイセルの場合、記念切手買取についての知識と多数の実績を持っているので、5円切手であれば80~200円程度の査定額が期待できます。プレミアム切手の扱い実績も豊富なため、高値が期待できる立太子礼記念切手の小型シートでも安心して買取を依頼することができます。

 

バイセルの査定は無料であるので、まず気軽に依頼してみることをおすすめします。

 

バイセルの評判や口コミについてさらに詳しく知りたい方は、「【バイセルの切手買取】口コミ評判・買取相場を実際の体験談をもとに徹底解説!」を参考にしていただければと思います。

 

また、バイセル以外におすすめの切手買取専門店について知りたい方は、「切手買取専門店おすすめランキング!口コミ評判を比較し、どこが良いのかを徹底解説!」を参考にしていただければと思います。

切手買取おすすめランキング01 (1)
切手買取専門店おすすめランキング!口コミ評判を比較し、高く売りたいならどこがいいかを徹底解説!
2019-01-22 18:23
切手を高く売るならどこの業者が良い? 切手を買い取ってもらいたい場合、どこで売るのが良いのでしょうか。いくら使う予定がなく処分する切手とはいっても、どうせ売るなら高値で買い取っても...
切手の買取相場の関連記事
  • 1000円切手買取アイキャッチ
    1000円切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
  • 82円切手買取アイキャッチ
    82円切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
  • はがき買取アイキャッチ
    はがき買取はどこでできる?高く売るためのポイントを徹底解説!
  • 1997年長野オリンピック冬季大会募金切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
  • 1998年長野オリンピック冬季大会記念切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!
  • 1961年オリンピック東京大会募金切手の買取価格相場と高く売るためにおすすめの専門店を徹底解説!